Serving Our Japanese-Speaking Clients

Rumberger Kirk & Caldwell has represented Japanese clients in U.S.-based litigation for decades. Litigation is never an easy process, and facing litigation in a foreign country with a different legal system compounds a corporation's concerns. We guide our Japanese clients through all stages of the American litigation process, many of which have no counterpart in Japan.

The Rumberger, Kirk & Caldwell team that works with this select client group has a broad understanding of Japanese business and cultural practices. The Group includes an attorney who is fluent in Japanese and who studied the language for over ten years and lived in Japan.

Representative work in this area includes defending automakers such as Nissan and Toyota in product liability cases arising from automobile accidents including issues such as rollovers, seat belts, handling and stability, and airbags.  We have also defended automobile manufacturers Toyota, Honda, Mazda, and Subaru in product liability and asbestos litigation.  In addition to our work in the automotive industry, we also represent other Japanese companies such as Mitsumi Electronics in product liability cases and other litigation matters.

ラムバーガー・カーク&コールドウェル法律事務所はアメリカに於ける日本企業の法的問題、訴訟等に関して10年以上の経験を持ち、日本とは異なる法律システムを持つ外国での法律・訴訟について適切な指導で日本企業の顧客をバックアップします。 日本の顧客を弁護するチームは日本のビジネス文化に精通しており、特に、このチームの一人は10年以上の日本語学習経験があり、その間、数年間の日本滞在の経験を持っていますので日本語での対応は問題ありません。 当事務所の顧客チームは車の転覆事故、シートベルト、ハンドリングやエアバックに関しての訴訟で日産自動車、トヨタ自動車を弁護した経験があり、さらに、アスベスト訴訟では、トヨタ、日産、本田、マツダ、スバルといった自動車会社の弁護の経験も持っています。また、自動車企業の訴訟経験のほか、ミツミ電機等のPL訴訟も担当しました。 ラムバーガー・カーク&コールドウェル法律事務所の顧客は、ブリジストン・ファイアストン、いすゞ自動車、マツダ、三菱自動車、日産自動車、タダノクレーン、東京海上火災保険、トヨタ自動車、東洋ゴム工業、横浜ゴムと多岐に渡っています。

 
 
© Rumberger Kirk & Caldwell Attorneys At Law Web site hosted on the FirmWise platform